衛生管理者の資格取得...衛生管理者の給料年収、試験日程、合格率等仕事情報!!

資格試験取得サイトTop >  環境保全・安全管理の資格 >  衛生管理者

衛生管理者の資格取得

【衛生管理者の資格とは】(国家試験)
環境測定や健康診断のデータに基づいて働く人たちの健康を守るなど、安全・衛生のエキスパートとして認定される国家資格である。常勤者が50人以上の職場では、有資格者の常駐が義務付けられており、専門性の高い仕事。衛生管理者には、第1種衛生管理者と第2種衛生管理者がある。試験問題は、第1種衛生管理者で労働衛生・関係法令・労働生理の学科試験問題となっている。第2種衛生管理者は第1種と同じであるが、有害業務に係るものを除く範囲の学科試験問題となっている。

【衛生管理者の資格を取得する過程】
・受験資格は、①大学、短大または高等専門学校を卒業し、1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有する者。 ②高校を卒業し、3年以上労働衛生の実務に従事した経験を有する者等。
・独学が多いが、労働基準協会連合会の試験準備講習会で勉強することがよい。

・一般的な受験対策は、専門学校・養成施設・通信教育等を活用し、頻出問題を集中的に勉強できるテキスト・問題集・過去問題・参考書などを復習しよう。さらに、傾向と対策が掌握できる講習会・講座・模擬試験も利用して合格を目指そう。

・この資格は現在の会社で昇格昇給に役立てるとか、就職・転職に有利となるだろう。求人募集情報には要チェック。

【衛生管理者の試験日程】
・毎月1~3回。試験会場は、各地区の安全衛生技術センター。

【衛生管理者の合格率・難易度】
・第1種:48.7%、 第2種:62.8%。

【衛生管理者の収入・年収】
・資格手当 3,000円~(月額)。

【衛生管理者の資格に向いているタイプ】
・業務を拡げたい人。責任あるポストに就きたい人。

就職に有利な資格

主婦・女性に人気な資格TOP3

パソコンのスキルアップで差をつける!

景気に左右されない安定資格ランキング


環境保全・安全管理の資格

環境保全資格、安全衛生管理資格関係の一覧です。 各資格の内容は、「資格とは・資格を取得する過程・試験日 程・合格率難易度・収入・資格に向いているタイプ」を説明し ています。

衛生管理者資格取得関連エントリー

労働衛生コンサルタント 労働安全コンサルタント 油濁防止管理者 乾燥設備作業主任者 エックス線作業主任者 昇降機検査資格者 酸素欠乏危険作業主任者 採石のための掘削作業主任者 水路測量技術検定 鉱山保安技術職員 浄化槽技術管理者 下水道技術検定 下水道管理技術認定試験 移動貯蔵タンク定期点検技術者 浄化槽設備士 浄化槽管理士 地下タンク等定期点検技術者 ダム水路主任技術者 ダム管理主任技術者 ダム管理技士 高圧室内作業主任者 普通第一種圧力容器取扱作業主任者 化学設備関係第一種圧力容器取扱作業主任者 石油工業溶接士(JPI溶接士) ガンマ線透過写真撮影作業主任者 手溶接技能者 圧接管理技士 核燃料取扱主任者 有機溶剤作業主任者 原子炉主任技術者 放射線取扱主任者 特定化学物質等作業主任者 液化石油ガス設備士 自動ガス圧接技量資格検定 鉄筋ガス圧接部超音波探傷検査技術者 特定高圧ガス取扱主任者 高圧ガス製造保安責任者(甲種・乙種・丙種) 高圧ガス製造保安責任者(冷凍機械) 高圧ガス販売主任者 高圧ガス移動監視者 火薬類(取扱)保安責任者 火薬類(製造)保安責任者 鉛作業主任者 毒物劇物取扱責任者 危険物取扱者 廃棄物処理施設技術管理者 建築物環境衛生管理技術者 シックハウス診断士 東京都公害防止管理者 ビオトープ管理士 臭気判定士 エネルギー管理士 樹木医 ISO14001環境審査員研修コース合格証 グリーンセイバー 緑の安全管理士 衛生工学衛生管理者 環境カウンセラー 環境管理士 計量士(環境計量士、一般計量士) 公害防止管理者 気象予報士 衛生管理者