通訳案内業の資格取得...通訳案内業の給料年収、試験日程、合格率等仕事情報!!

資格試験取得サイトTop >  語学・国際業務の資格 >  通訳案内業

通訳案内業の資格取得

【通訳案内業の資格とは】(国家試験)
通訳案内業試験は、外国語で観光案内をするガイドの仕事の試験で、語学系唯一の国家資格である。試験問題は1次試験が外国語と日本語による筆記試験問題で、語学は、英語・フランス語・スペイン語・ドイツ語・中国語・イタリア語・ポルトガル語・ロシア語・朝鮮語の中から1ヶ国語を選択。日本語による試験問題は、日本地理・日本歴史・一般常識が出題される。外国語の筆記試験問題は偏差値60以上、日本語による試験問題は、日本地理と歴史と一般常識の合計が200点以上、かつ1科目50点以上であることが合格の条件。

【通訳案内業の資格を取得する過程】
・受験資格は、特になし。プロ養成学校(スクール)で通訳の技能を身に付ける。語学力も必須条件。

【通訳案内業の試験日程】
・[1次] 9月上旬。 [2次] 11月下旬(英語)、12月上旬(英語以外の言語)。

【通訳案内業の合格率・難易度】
・英語 6.0%、 フランス語 5.6%。

【通訳案内業の収入(給料)・年収】
・報酬 1万円~(1日)。

【通訳案内業の資格に向いているタイプ】
・独立・開業を目指したい人。趣味を仕事にしたい人。語学力を生かしたい人。

就職に有利な資格

主婦・女性に人気な資格TOP3

パソコンのスキルアップで差をつける!

景気に左右されない安定資格ランキング


語学・国際業務の資格

語学の資格試験、国際業務の資格試験の一覧です。 語学系、国際業務関係の検定試験・認定試験は数多くあります。 各資格の内容は、「資格とは・資格を取得する過程・試験日 程・合格率難易度・収入・資格に向いているタイプ」を説明し ています。

通訳案内業資格取得関連エントリー

TOEIC(R) 米国公認会計士(CPA) 米国税理士 MBA 世界銀行職員(国際復興開発銀行職員) アソシエート・エキスパート 実用日本語語彙力検定 現代用語能力検定 日本実践話力検定 日本語教育能力検定試験 日本漢字能力検定 DELF・DALF(フランス語資格試験) フランス語能力認定試験(TEF) 実用フランス語技能検定 ハングル能力検定 中国語コミュニケーション能力検定(TECC) 漢語水平考試(HSK) 中国語検定試験 エスペラント検定 ABKタイ語検定試験 実用イタリア語検定 ロシア語能力検定試験 スペイン語技能検定 ドイツ語技能検定 ICEEコミュニケーション検定 インドネシア語技能検定試験 SAT バベル・プロフェッショナル・ランゲージ検定 TQE 翻訳技能認定試験 JTF(ほんやく検定) 日本語文章能力検定 観光英語検定試験 旅行業英語検定試験 通訳技能検定・ボランティア通訳検定 BATIC(国際会計検定) アナウンス検定 TEP TEST 工業英語能力検定試験 児童英検(財)日本英語検定協会主催 国連英検ジュニアテスト ケンブリッジ大学英語検定試験 ピットマン英語検定 英単語検定 IELTS 国際連合公用語・英語検定試験 全商英語検定 オーラルコミュニケーション検定(SITE) TOEIC Bridge TOEFL 英検(実用英検) 児童英語教師 英語講師 日本語教師 通訳案内業 絵本作家 童話作家 作家 ジャーナリスト テープライター ライター 編集者