消費者契約法の資格取得...消費者契約法の給料年収、試験日程、合格率等仕事情報!!

資格試験取得サイトTop >  資格用語の基礎知識 >  消費者契約法

消費者契約法の資格取得

消費者契約法とは、

消費者にとって不利な契約内容になる事を防ぐ為の法律。
契約する積りがないと告げたにも拘らず、無理やり契約させられた場合、契約は無効と見なされ、取り消しを可能にする事が出来る。
「勧誘する時に、大切な点について嘘をついたり、消費者に有利な事ばかりを説明し、不利な事は隠していた場合の契約は無効」「帰りたいと消費者が意思表示したのに退去させずに結んだ契約は無効」等、定められている「強引な勧誘等していない」と学校(スクール)側が主張した場合は、最寄の消費者センター等に消費者契約法について、すぐ相談するようにしよう。

就職に有利な資格

主婦・女性に人気な資格TOP3

パソコンのスキルアップで差をつける!

景気に左右されない安定資格ランキング


資格用語の基礎知識

資格用語の基礎知識は、取得したい資格試験をさがすとき役立つ資格用語を集めました。、また、ガイド記事に出てくる資格用語の解説をしております。是非お役立てください。

消費者契約法資格取得関連エントリー

検定試験会場 フォロー制度 業界ネットワーク 独立開業支援 人材派遣会社の学校(スクール)経営 求人情報照会 就職相談 作品指導 インターンシップ OJT ワークショップ 実習 ペアティーチング 交代制 担任制 長期コース 短期集中コース 回数無制限 答案練習 消費者契約法 中途解約 教育訓練給付制度 学費返還制度 セット割引 分納 一括払い 受講チケット制 資格免状・認定試験料 施設使用料 実費 教材費 入会金 合格実績・合格率 受講契約のクーリング・オフ 受講料のローン 受講契約 給付制度 資格対策講座 独立開業 資格取得は就職・転職に有利 報奨金 資格手当 更新料 登録料 受験料 技能士 合格率 実技試験 実務経験 試験免除 受験資格 国家資格