警察犬訓練士の資格取得...警察犬訓練士の給料年収、試験日程、合格率等仕事情報!!

資格試験取得サイトTop >  司法・警察・消防・自衛隊の資格 >  警察犬訓練士

警察犬訓練士の資格取得

【警察犬訓練士の資格とは】
警察犬に指定された7種の犬種に属する犬を訓練して、警察犬として育て上げるのが仕事である。訓練士になるには、見習い訓練士として、協会の公認訓練士が経営する訓練所(養成学校、専門学校)に入所して実績をつくるのが一般的。その後、三等訓練士試験を受験して、合格することが必要である。見習い訓練士は原則として住み込みになる。階級は、三等訓練士・二等訓練士・一等訓練士・一等訓練士正・一等訓練士長の5つがあり、順次昇格が可能である。

【警察犬訓練士の資格を取得する過程】
・受験資格は、①見習い訓練士として5等以上の犬の訓練実績を積んだ者。②日本警察犬協会の会員であり、18歳以上の者。*受験の際には、見習い訓練士として所属していた公認訓練所の所長の推薦が必要となる。技術・人物・素行を判定し、適当と認められる場合のみ、受験資格が得られる(受験資格取得者に必要な見習い期間は、3~6年が目安)。

【警察犬訓練士の試験日程】
・毎年 1回。

【警察犬訓練士の合格率・難易度】
・100%。

【警察犬訓練士の収入・年収】
・月収 約15万円前後(初任給)。
 
【警察犬訓練士の資格に向いているタイプ】
・動物に関わる仕事がしたい人、社会に貢献したい人。

就職に有利な資格

主婦・女性に人気な資格TOP3

パソコンのスキルアップで差をつける!

景気に左右されない安定資格ランキング


司法・警察・消防・自衛隊の資格

司法試験資格、警察資格、消防設備点検資格、自衛隊資格関係の必要資格、講習などをまとめています。 各資格の内容は、「資格とは・資格を取得する過程・試験日 程・合格率難易度・収入・資格に向いているタイプ」を説明し ています。

警察犬訓練士資格取得関連エントリー

行政書士 司法書士 弁理士 入国警備官 陸上自衛隊看護学生 海上・航空自衛隊航空学生 海上自衛隊技術幹部 海上自衛隊技術海曹 自衛隊貸費学生 自衛隊生徒 自衛隊幹部候補生 自衛隊幹部候補生(歯科・薬剤科) 自衛隊一般曹候補学生・曹候補士 防衛医科大学校 防衛大学校学生 防衛庁職員 防火管理者 可搬消防ポンプ等整備資格者 東京消防庁消防官・女性消防官 航空保安大学校学生 海上保安大学校学生 海上保安学校学生 交通巡視員 警察犬訓練士 警視庁職員 警視庁警察官 皇宮護衛官 自衛官2等陸・海・空士(男子) 刑務官 法務教官 家庭裁判所調査官補 裁判所事務官 女性消防官 女性自衛官2等陸・海・空士 医科・歯科幹部自衛官 陸上自衛官(看護)