ボイラー技士の資格取得...ボイラー技士の給料年収、試験日程、合格率等仕事情報!!

資格試験取得サイトTop >  技術の資格 >  ボイラー技士

ボイラー技士の資格取得

【ボイラー技士の資格とは】(国家試験)
水を加熱して蒸気を発生させる装置を指すボイラー。風呂用のガスボイラーや台所の給湯器等、身近なものから、建造物の冷・暖房、工業用ボイラーまで幅広い用途で使用されている。ボイラーの動作や状態を安全に保つために監視を行なうのが、ボイラー技士である。

資格試験は、(財)安全衛生技術試験協会が主催し、2級ボイラー技士、1級ボイラー技士、特級ボイラー技士の3資格で構成。試験問題出題範囲は共通で、学科試験問題となっている。

【ボイラー技士の資格を取得する過程】
・受験資格は、[2級]大学・高専・高校等でボイラーに関する学科を修め卒業した者で、その後3月以上の実地講習を経たもの。ボイラーの取り扱いについて6月以上の実地修習を経たもの。 [1級]2級合格者等。 [特級]1級合格者等。

・ハローワークでもボイラー技士で求人募集を探す際にビル管理会社への就職が有利になり、まだまだニーズの高い資格といえるだろう。

【ボイラー技士の試験日程】
・[2級]月2回。 [1級]月1回。 [特級]年1回。

【ボイラー技士の合格率・難易度】
・特級: 33.4%。 1級: 42.2%。

【ボイラー技士の収入・年収】
・就職・転職に有利。

【ボイラー技士の資格に向いているタイプ】
・ビル管理業界・銭湯で働く人。就職・転職に役立てたい人。

就職に有利な資格

主婦・女性に人気な資格TOP3

パソコンのスキルアップで差をつける!

景気に左右されない安定資格ランキング


技術の資格

技術資格の一覧です。 各資格の内容は、「資格とは・資格を取得する過程・試験日 程・合格率難易度・収入・資格に向いているタイプ」を説明し ています。

ボイラー技士資格取得関連エントリー

生物分類技能検定 飼料製造管理者 家畜人工授精師 ホテル実務技能認定試験 認定装蹄師 伝統工芸士 繊維製品品質管理士(TES) 非破壊試験技術者資格試験 鍵師 ラジオ・音響技能検定 CATV技術者 APECエンジニア 設備士 レタリング技能検定 トレース技能検定 文書情報管理士 放射線透過試験技術認定 マイクロソルダリング技術者(EEG) マイクロソルダリング技術オペレータ(ORP) マイクロソルダリング技術インスペクタ(ISP) マイクロソルダリング技術インストラクタ(INS) 半自動溶接技能者 食品冷凍技士 ステンレス鋼溶接技能者 防錆管理士 冷凍空調技士 プラスチック溶接技能者 アルミニューム合金構造物の溶接施工管理技術者 アルミニューム溶接技術検定 ガス溶接技能者 ガス溶接作業主任者 初生ひな鑑別師 PC工法溶接管理技術者 WES8105 PC工法溶接技能者 溶接作業指導者 溶接管理技術者 ボイラー溶接士 ボイラー・タービン主任技術者 ボイラー整備士 ボイラー据付工事作業主任者 ボイラー(小規模)取扱者 第一種圧力容器取扱主任者 ボイラー技士 MH技術管理士 プレス機械作業主任者 農業機械整備技能検定 木材加工用機械作業主任者 林業架線作業主任者 林業技士 パソコンネットワーク利用技術試験(NASKA) ビジネスキーボード 計装士 プロフェッショナル・エンジニア(PE) 技術士(補) POP 写真技能士 時計職人