中小企業診断士の資格取得...中小企業診断士の給料年収、試験日程、合格率等仕事情報!!

資格試験取得サイトTop >  経営・経理・ビジネスの資格 >  中小企業診断士

中小企業診断士の資格取得

【中小企業診断士の資格とは】(国家試験)
中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行なう専門家である。中小企業支援法によって、その業務を「経営の診断および経営に関する助言」と定められている。コンサルティング業務は中小企業診断士の独占業務というわけではないが、その業務を行なえる能力と知識があることを認める唯一の国家資格として、信頼性が高い仕事である。


【中小企業診断士の資格を取得する過程】
・受験資格は、特になし。
・専門学校・養成講座・通信教育講座などで学び、問題集・過去問題・参考書などを復習しよう。合格後、15日以上の実務に従事するか、実務補習を修了すると中小企業診断士として登録出来る。有資格者の評価は高く、社内でのキャリアアップに。この他、経営コンサルティング会社、事務所に就職したり、独立してコンサルティング会社を開業する人もいる。

【中小企業診断士の試験日程】
・[1次] 8月上旬。 [2次] 筆記試験問題:10月上旬、 口述試験問題:12月中旬。

【中小企業診断士の合格率・難易度】
・1次: 15.7%、 2次: 20.3%。

【中小企業診断士の収入・年収】
・技量次第で高報酬も。

【中小企業診断士の資格に向いているタイプ】
・就職・転職に役立てたい人、独立・開業を目指したい人。


専門学校など詳しい資料はこちら 中小企業診断士の資格詳細

就職に有利な資格

主婦・女性に人気な資格TOP3

パソコンのスキルアップで差をつける!

景気に左右されない安定資格ランキング


経営・経理・ビジネスの資格

経営・経理・ビジネス関係の資格試験の一覧です。 経営コンサルタント資格、経理事務資格、ビジネスマナー資格などの資格試験を代表として沢山の資格があります。 各資格の内容は、「資格とは・資格を取得する過程・試験日 程・合格率難易度・収入・資格に向いているタイプ」を説明し ています。

中小企業診断士資格取得関連エントリー

BBT大学【学長は大前研一】キャリアに直結のビジネスブレークスルー大学 税理士 中小企業診断士 ファイナンシャル・プランナー(AFP/CFP) 簿記検定 公認会計士(CPA) 公認不正検査士(CFE) マンション管理士 マンション管理士 証券アナリスト 証券外務員 プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー 知的財産検定 国際貿易ビジネス検定 商品先物取引登録外務員 物流技術管理士 情報システム管理責任者 情報システム監査士 情報管理士 ビジネス・キャリア制度 ビジネス能力検定 ビジネス実務マナー技能検定 ビジネス実務法務検定試験 ファシリティマネージャー パソコン財務会計主任者 シニアリスクコンサルタント コンプライアンス・オフィサー認定試験 探偵調査士・企業経営診断士 探偵学士 VEリーダー認定試験 VEスペシャリスト認定試験 I E士 生産能率士 生産管理士 特許管理士 商業経済検定 労務管理士 貿易実務検定 CIA(公認内部監査人) DC(確定拠出年金)アドバイザー DCプランナー認定制度 プリント配線板営業士 販売管理士 財務管理士 人事法務士 銀行業務検定試験 ICG経営コンサルタント 経営労務コンサルタント 経営情報システムコンサルタント パーソネルアナリスト 簿記能力検定試験 経営士 経営管理士 経理診断士 企業人事調査士 経営アカデミーマスター 中小企業組合士 税務会計能力検定 アクチュアリー 簿記実務検定 キャリア・コンサルタント