販売・営業・接客の資格 一覧

販売・営業系・接客業関係の資格一覧

販売、営業職、接客業関係の資格一覧です。
各資格の内容は、「資格とは・資格を取得する過程・試験日程・合格率難易度・収入・資格に向いているタイプ」を説明しています。営業に役立つ資格とは?

注目の特集!

 

販売・営業・接客の資格記事一覧

【包装管理士の資格とは】毎年300名を超える包装のプロを養成している、日本包装技術協会が認定する講座。講義内容は、包装の社会的役割、包装の標準化、ユニバーサル・デザイン対応のパッケージ、プレゼンテーション技法等。【包装管理士の資格を取得する過程】・受験資格はJPI会員であり、22歳以上で包装関連業務4年以上。【包装管理士の試験日程】・6月上旬、6月中旬〜7月末、9月上旬。筆記試験は9月上旬。【包装...

【包装専士の資格とは】包装専士は、(社)日本包装技術協会が実施する、包装アカデミーを修了した人に付与される称号である。包装アカデミーは、包装界のリーダーとして活躍・貢献する人材育成のための講座である。【包装専士の資格を取得する過程】・受験資格は、JPI会員で包装管理士であること。または、28歳以上で包装関連業務に6年以上の経験を有すること。【包装専士の試験日程】・6月〜翌年2月。試験は3月。【包装...

【ホスピタリティ検定試験の資格とは】接客や販売などの仕事において、相手を思いやり、心のこもった対応を行なうことは大切である。ホスピタリティ検定試験では、ビジネスの現場でホスピタリティを発揮しながら、コミュニケーション、セールス、クレーム対応などを行なうことができる力を問うものである。2004年度から始まった新しい試験である。日本ホスピタリティ協会が実施する通信講座を受講してからトライするのが、取得...

【サービス接遇検定の資格とは】近年、拡大しつつあるサービス産業に従事するために必要な専門知識や、コミュニケーション能力を測る検定試験である。(財)実務技能検定協会文部科学省の後援を受け、主催している。サービス接遇検定のレベルは、サービス接遇検定1級、サービス接遇検定2級、サービス接遇検定3級に分かれ、試験問題は、2級と3級は筆記問題のみで、1級と準1級は面接試験問題がある。【サービス接遇検定の資格...

【宝石鑑定士の資格】(G.G.)宝石の鑑定・鑑別について公的な資格制度はないが、業界で認知度が高いのは、G.G.(グラジュエイトジェモロジスト)の資格である。G.G.とは、GIA(米国宝石学会)が宝石学習両者に授与する称号で、宝石の知識、ビジネスのノウハウ、グレーティング・鑑別技術、そして倫理を取得した人に与えられる。国際的に認められた資格であり、取得すれば世界を舞台にした仕事の活躍も可能。日本で...

【販売士検定の資格とは】多様化する顧客のニーズを的確に捉え、豊富な商品知識や顧客に配慮した接客技術を駆使して、ニーズにあった商品を提供することができ、なおかつ商品の開発や仕入れ、販売、物流などを効率的かつ効果的な仕事を行うことが出来る、販売のプロを育てるために、全国の日本商工会議所で実施されている検定試験である。試験には3つのレベルがあり、販売士検定1級、販売士検定2級、販売士検定3級となっている...

【雑貨ショップオーナーの資格とは】将来Shopオーナー、バイヤーになりたい方のために「店づくりのノウハウ」「雑貨ビジネスの実践」もカリキュラムに網羅され、さらに、インテリア業界標準ソフト「VectorWorks」を学び、平面図、3Dデータ制作に加えオリジナルプレゼンテーションパネル作成という、Shop設計、プロダクトデザイン、バイヤーのプレゼンテーションに必要なデジタルスキルも身に付けられます。【...

【ホテルスタッフの資格とは】ホテルのお客さまの喜ぶ顔が見たいなど、快適な空間とサービスを提供する。ベルスタッフ、フロントスタッフ、コンシェルジュ、ドアスタッフ、バーテンダー、宴会スタッフ、レストランスタッフ、ブライダルスタッフ、企画スタッフ等、仕事は様々。【ホテルスタッフの資格を取得する過程】・専門学校で取得。外国人とも接するので、英語力も必須。求人募集は、情報誌をチェックのこと。ホテルに就職後、...

【ラッピングコーディネーターの資格とは】(認定講座)ラッピング協会が全国9箇所で実施している、ラッピングコーディネーター認定講習において、1日半の実技講習と半日の筆記・実技試験を受けることで取得できる。合格率はほぼ100%で、不合格の人も、無料の補講を受けることで認定される。【ラッピングコーディネーターの資格を取得する過程】・受講資格は特になし。【ラッピングコーディネーターの受講日】・要問合せ。【...

【DIYアドバイザーの資格とは】適切な工具や材料の選択、作業方法等について、消費者からの相談にのったり、指導や助言を行うのが、DIYアドバイザーの主な仕事である。最近のDIY熱の高まり等より注目されている資格で、ホームセンターなどの小売店や、DIY関連業界などの就職・転職に有利なだけでなく、カルチャースクールの講師などニーズは高い。試験問題は、学科試験問題、実技試験問題、面接試験問題となっている。...

【セールススキル検定の資格とは】特定非営利活動法人セールスコーチング協会が主催する検定試験で、仕事の上で役立つものである。セールススキル検定1級〜3級の3つのレベルに区分されており、2級と1級では、筆記試験のほかに実技試験も行なわれ、それぞれ実務経験が必要となる。企業からの注目度も高い資格である。【セールススキル検定の資格を取得する過程】・受験資格は、特になし(ただし、2級、1きゅうの認定には、セ...

【印刷営業士の資格とは】印刷物の多様化・技術の高度化など、変化の激しい印刷業界において、営業に必要な知識・スキルを習得していることを、厚生労働大臣が認定する公的資格である。実務経験2年以上でなければ試験を受けることができない。印刷営業士の上位資格として、管理印刷営業士が設けられている。【印刷営業士の資格を取得する過程】・受験資格は、印刷営業の実務経験2年以上。【印刷営業士の試験日程】・各都道府県に...

【管理印刷営業士の資格とは】管理印刷営業士は、印刷営業の管理・監督者として、十分な知識とスキルがあることを、証明する資格である。印刷営業士の上位資格であり、印刷営業士を取得した後5年の実務を経て、この資格にチャレンジできる。【管理印刷営業士の資格を取得する過程】・受験資格は、印刷営業士の資格を取得後、実務経験が5年以上の者等。【管理印刷営業士の試験日程】・各都道府県によって異なる。【管理印刷営業士...

【ファッションコーディネート色彩能力検定の資格とは】(文部科学省認定)アパレル業界や、企業のデザイン・宣伝部門などで、色彩をコーディネートする専門家のニーズが拡大している。文部科学省認定のファッションコーディネート色彩能力検定では、ファッションをはじめ、コンピュータグラフィックスやインテリアデザイン、プロダクトデザイン、環境デザインなど多様な分野で、色彩についてのアドバイスやコンサルティングを行う...

【ジュエリーコーディネーター(JJA・JC)の資格とは】宝飾品販売のスペシャリストを養成するための検定制度である。ジュエリーコーディネーターのレベルは、ジュエリーコーディネーター1級、ジュエリーコーディネーター2級、ジュエリーコーディネーター3級に分かれている。【ジュエリーコーディネーター(JJA・JC)の資格を取得する過程】・受験資格は、3級は特になし。2級・1級は前級登録者。【ジュエリーコーデ...

【ワックスジュエリー検定の資格とは】ワックスによる原型製作法は、現代のジュエリー・アクセサリー制作の主要なテクニックとなっているが、これまでこのスキルを認める専門の資格は存在しなかった。そういった状況を受けて、平成16年から始まったのが、特定非営利活動法人 宝飾クラフト教育振興会の実施するワックスジュエリー検定である。【ワックスジュエリー検定の資格を取得する過程】・受験資格は、2級は特になし。1級...

【家電製品アドバイザーの資格とは】家電製品アドバイザーは、流通関係の販売・営業系の仕事に従事する人、または消費者からの各種相談を受ける業務に従事する人を主な対象にした資格制度で、(財)家電製品協会認定センターが認定している。「AV情報家電」と「生活家電」の2部門の資格があり、試験問題は、商品選択、使用方法、不具合発生、廃棄などについて適切なアドバイスを行うための知識問題と技能問題が審査される。【家...

【家電製品エンジニアの資格とは】家電製品関連製品の設置・接続・セットアップ、ソフトトラブルのリカバリー、故障の修理など不具合の解消などを行なうのが、家電製品エンジニアの仕事である。「AV情報家電」と「生活家電」の2部門があり、ただ知識を取得しているだけではなく、実践的なソリューションを行なう能力が求められる。試験問題は、基礎技術問題と応用技術問題が出題される。【家電製品エンジニアの資格を取得する過...

【屋外広告士の資格とは】屋外広告物の制作・施工に関する専門的知識、および技術を有することを証明する公的資格である。試験問題は、学科試験問題と実技試験問題で別個に採点され、それぞれの合計得点が概ね60%の合格ラインに達していれば合格となる。【屋外広告士の資格を取得する過程】・受験資格は、18歳以上で実務経験が3年以上の者。1・2級建築士・土木施工管理技士の国家資格を有する者は試験科目の一部を免除。【...

【JTAテレコミュニケーター検定の資格とは】電話やメールなどを使ったテレマーケティングが活性化する中、消費者に直接関わるテレコミュニケーターにも、専門性が求められてきている。基本的な電話の掛け方、話し方に加え、従事する業界の専門知識など、さまざまなスキルを証明できる業界初の検定試験として、2003年よりスタートしたのが、JTAテレコミュニケーター検定である。講座と検定試験がセットになっており、すべ...