美容・ファッション・フラワー・ペットの資格について

美容・メイクの資格、ファッション・アパレルの資格、フラワー・花の資格、ペット・動物関係の資格一覧と、資格試験情報です。

 

各資格の内容は、「資格とは・資格を取得する過程・試験日程・合格率・難易度・収入・資格に向いているタイプ」を説明し ています。

女性に人気の資格トップ5

主婦の資格

 

美容・ファッション・フラワー・ペットの資格記事一覧

【ファッションデザイナーの資格とは】既製服のデザインをするのが主な仕事。流行を敏感にキャッチしながら、ブランドイメージや販売促進計画に合せてデザイン画を作成して行く。素材や色の選択も行う。【ファッションデザイナーの資格を取得する過程】特に資格はないが、服飾系専門学校(スクール)で、パターンやソーイング技法等、服作りのノウハウを学ぶ。卒業後は、アパレルメーカーやオリジナルブランドを持つデザイナーのア...

【メイクアップアーティストの資格とは】CMやテレビなどの撮影、ショーやブライダルの現場で、また雑誌のモデルなどにメイクをする。雑誌なら特集テーマを具体的に表現する等、依頼者に合せたメイクをする仕事である。  【メイクアップアーティストの資格を取得する過程】・メイクアップアーティスト養成学校(スクール)、専門学校で取得。特別な資格は必要ないが、美容師の資格があると有利。就職先は、メイク専門のプロダク...

【ヘアメイクアップアーティストの資格とは】女性誌の表紙・ファッションページや、テレビ・CM・舞台などで、数多くのファッションモデル・女優・女性タレントのメイク(毛髪・顔とも)を手がける仕事である。ヘアメイクアップアーティストの資格を取得する過程】・ヘアメイクアップアーティストプロ専門学校(スクール)で取得。また美容師の資格もあれば仕事をする上において強い。就職先はへアメイクアーティスト事務所や美容...

【美容師の資格とは】(国家試験)美容師法に基づく国家試験。美容師として働くためには、美容師法によって定められた養成施設で必要な知識と技能を修得し、卒業後(財)理容師美容師試験研修センターが行なう試験を受ける。試験問題は、筆記試験問題と実技試験問題の2つの試験に合格しなければならないが、どちらか1つに合格した場合、次回の試験に限って、合格した試験が免除となる。美容院によってはメイクやネイルケア、冠婚...

【ネイルアーティストの資格とは】女性の爪をマニキュアや付け爪、ネイルアートなどで美しく手入れするのが、ネイルアーティストである。爪をオシャレに演出するだけでなく、爪美容の専門家として二枚爪等の爪のトラブルにも対応するのが仕事である。【ネイルアーティスト資格を取得する過程】・ネイルアーティスト専門学校、プロ養成講座学校(スクール)で取得をする。日本ネイリスト協会試験の上級を取得しておく方がベター。就...

【プレスの資格とは】アパレル・メーカーの広報・販売促進担当者。ブランドの商品知識、マスコミに対応するため流行、文化的な知識まで幅広く見ることを要求される。アパレルメーカーでブランドイメージを対外的にPRするのが、プレスの仕事。基礎から応用まで専門分野の知識と技術を身につけることができるので、初心者からプロを目指すことが可能。【プレスの資格を取得する過程】・受験資格は、特になし。専門学校(スクール)...

【パタンナーの資格とは】デザイナー画をもとに、洋服を作るための型紙(パターン)を起こす技術がパターンメーキング。デザイナーのイメージを具体化する重要な仕事だけに、高度な技術と専門知識が求められる。【パタンナーの資格を取得する過程】・パタンナー専門学校(スクール)のパターン養成コースで取得。CADを導入する企業が増えており、CADソフトの操作スキルも必要。就職先はアパレルメーカーを始め、サンプル専門...

【スタイリストの資格とは】CM、雑誌、ファッションショー、テレビ、映画などで、タレントやモデルが着用する衣装や小物をコーディネートする仕事。どんなイメージにしたいのか、何をアピールするのか、誰が着用するのかなどを打ち合わせ、その内容に合う衣装や小物をショップから調達する。トレンドをうまくとり入れたり、複数のブランドの服をコーディネートするなど、ファッションセンスや感性が問われる。【スタイリストの資...

【テキスタイルデザイナーの資格とは】テキスタイルデザイナーとは、服飾またはインテリア(乗物の内装を含む)用途のテキスタイル(布地・織物)をデザインするデザイナーのこと。デザインするテキスタイルの用途により、ファッションデザイナーに近い位置にある場合と、インテリアデザイナーに近い位置にある場合とがある。デザインの仕事内容としては、色、模様・図柄、質感等、幅広い範囲に及ぶ。【テキスタイルデザイナーの資...

【バッグデザイナーの資格とは】リュック、トート、ショルダー、ボストン、ダレスなどあらゆるバッグのデザイン・制作技術を修得し、新時代のバッグクリエーターを目指す。レザーはもちろん、布やナイロン、ビニールなど様々な素材を学び、また財布や手帳、ブックカバーなどのステーショナリー・グッズやバッグに装着する金属アクセサリーの制作にも挑むものである。【バッグデザイナーの資格を取得する過程】・デザイン工芸系の学...

【和裁士の資格とは】和裁という仕立て技術によって、初めてあのような素晴しいカタチとなる。和裁の技術はすでに完成の域に達しているといわれしたがって一度その技術を身に付ければ、一生使っていけるといっても過言ではない。針や糸やものさしや・・・といった簡単な道具だけで、その気になれば生涯バリバリ現役として活躍できるといった仕事は数少ない貴重なもので、とりわけ女性が社会人として自立しようと希望している場合は...

【ソーイングスタッフの資格とは】ファッションデザイナーがデザインし、パタンナーが型紙を作り、その型紙に沿って裁断された生地を縫い合わせるのがソーイングの仕事である。アパレルメーカーの縫製部門や縫製工場に勤め、主にミシンを使って衣服を作っていく。最近は海外で縫製が行われるケースも増えていることから、日本製の衣服にはより高いクオリティが求められており、現場では厳しい製品管理が行われている。【ソーイング...

【カラーコーディネーター検定の資格とは】東京商工会議所が主催している検定試験で、色彩関連の試験では認知度が高い。ファッションやインテリアなど色彩センスを要求される業界はもちろん、商品開発、店舗、建築などさまざまなビジネスで必要とされる色彩コーディネート力を検定する。カラーコーディネーター検定試験には、カラーコーディネーター検定1級、カラーコーディネーター検定2級、カラーコーディネーター検定3級に分...

【ジュエリーデザイナーの資格とは】若い女性の人気を集める金、銀、プラチナ各種宝石等を素材として用い、指輪、ネックレス、イヤリング、ブローチといったアクセサリーをデザインするのがジュエリーデザイナーの仕事。資格は特にないので、スクールで知識や技術を積むのが、プロへの近道である。【ジュエリーデザイナーの資格を取得する過程】・受講資格は、[専門課程]:高校卒業同等以上、および卒業見込みの者。[キャリアカ...

【着付師の資格とは】着付けをする人を着付師と呼ぶ。女性用の正装の和服の着付けは極めて複雑な手順・ 作業である。このほかに雑誌等撮影用、呉服店での和装アドバイス、着付教室講師等、様々な現場での仕事がある。  【着付師の資格を取得する過程】・着付養成学校(スクール)で技術を取得。求人募集は様々。派遣会社に登録したり、美容院やブライダル式場と契約して、成人式、七五三の繁忙期や土日だけ副業的に働いたり、自...

【認定エステティシャンの資格とは】日本エステティック協会認定の資格で、エステ業界からの認知度・信頼性共に高い。全国の約140校ある協会認定校において、2〜3ヶ月で終了するコースを受講したのち試験を受ける方法と、試験が免除になるコースで学ぶ方法がある。【認定エステティシャンの資格を取得する過程】・受験資格は、日本エステティック協会正会員で、協会認定校のエステティシャン専門学校(スクール)、養成学校や...

【フローリスト(フラワーショップ店員)の資格とは】花のデザインとアートを含め、プロとしてフラワーショップで働く。花の仕入れ、水揚げや保管、販売に携るだけではなく、花のアレンジやブーケ(花束)を作ったり、個性あふれるフローリストの仕事がある。また、レストランや結婚式場等のディスプレイに出向くこともある。【フローリスト(フラワーショップ店員)の資格を取得する過程】・フローリスト学校(スクール)のプロ養...

【フラワーデザイナーの資格とは】結婚式場、展示会、ホテル、レストランなどの空間を、花を使って美しく演出するのがフラワーデザイナーの仕事である。この仕事をする上で資格は必須ではないが、持っていたほうが就職などには有利である。フラワーデザインに関する資格は数多くあるが、、日本フラワーデザイナー協会(NFD)の資格検定試験は、認知度&信頼度が高い。【フラワーデザイナーの資格を取得する過程】・受験資格は、...

【トリマーの資格とは】トリマーとは、犬や猫などをはじめとする動物の毛や皮膚、爪の手入れなどを行なうペットの美容師の仕事である。ブラッシング、耳掃除、シャンプー、カットなどの技術と、動物の健康管理、正しい飼育法などの知識を兼ね備えたプロだ。(社)ジャパンケネルクラブ(JKC)が主催するこの資格は、トリマーを認定する幾つかの資格の中でも、特に認知度が高い。【トリマーの資格を取得する過程】・受験資格は、...

【動物看護師の資格とは】動物看護師は、簡単にいえば動物病院の看護師である。人間の看護師同様、圧倒的に女性が多い職業である。動物看護師は獣医師の診療助手、臨床検査、調剤、手術助手、入院動物の世話、受付や会計などの窓口業務、飼い主の応対など、さまざまな仕事をこなす。【動物看護師の資格を取得する過程】・学校(スクール)や専門学校、通信教育で取得。「トリマー」のスキルも修得しておきたい。在学中から動物病院...

【編物講師の資格とは】編物教室などで、編物の基礎から応用まで、編物全般に関する理論から実技まで指導するのが主な仕事である。【編物講師の資格を取得する過程】・受験資格は、特になし。・専門学校、編物教室、通信教育等で講師養成コース、研究科等の上級コースに進み、更に勉強、「編物(毛糸、レース)技能検定」を合格すること。最終的には1級合格を取得。勤め先は専門学校、編物教室の講師、自宅で教室を開く、手芸店等...

【理容師の資格とは】(国家試験)理容師法に基づく厚生労働大臣免許で、理髪店で理容師として仕事にあたる場合には、必要不可欠な資格である。理容師と美容師の決定的な違いは、理容師は髭剃りを行なうことができる点で、それを除いては基本的に大きな違いはない。理容師の資格を取得するには、理容師養成学校、理容師専門学校を卒業し、実技試験問題と筆記試験問題に合格することである。筆記試験問題の内容は、関係法規・制度か...

【ファッション販売能力検定の資格とは】ショップやデパートなどの店舗で販売を担当する、スタッフの育成を目的とした検定試験である。ファッション販売能力検定は、1級〜3級のレベルに分けられている。試験問題は、販売に対する知識・業務・技術のほか、マーケティング知識、商品知識、店舗演出・VP展開といった実際に販売スタッフとして働くための知識・技術を検証するものである。【ファッション販売能力検定の資格を取得す...

【テキスタイルアドバイザー(衣料管理士)の資格とは】アパレル業界において、豊富な知識をバックボーンに、消費者の立場にたって衣料の企画・設計、販売、品質保証、消費者対応などの仕事をする人の資格である。現在、アパレル業界で仕事をしている人はもちろん、今後アパレル業界への就職・転職を考えている人は、求人面からも要チェックの資格といえるでしょう。【テキスタイルアドバイザー(衣料管理士)の資格を取得する過程...

【ファッションビジネス能力検定の資格とは】ファッションビジネス能力検定は、時代に求められている商品・発想を生み出し、それをビジネスに結びつけることによって、ファッション業界を牽引していく人材の育成・確保を目的に、(財)日本ファッション教育振興協会により実施されている。ファッションビジネス能力検定試験のレベルは、ファッションビジネス能力検定1級、ファッションビジネス能力検定2級、ファッションビジネス...

【アロマテラピー検定の資格とは】雑貨店やドラッグストアなどでもアロマ関連商品が販売されるようになり、アロマテラピーを生活に取り入れる人は増えている。(社)日本アロマ環境協会が実施するアロマテラピー検定では、アロマテラピーを自分自身で楽しんだり、家族、周囲の人に楽しんでもらったり、健康維持のために用いる知識を測るものである。アロマテラピー検定試験には、アロマテラピー検定1級とアロマテラピー検定2級の...

【洋裁技術検定の資格とは】洋裁の知識とスキルを評価する検定である。検定のレベルは、洋裁技術検定初級、洋裁技術検定中級、洋裁技術検定上級とあり、各級とも洋裁全般の知識を問う理論のほか、実物制作を課す実技試験が行なわれている。上級資格者はアパレルメーカーなどの企業から、専門技術者として評価されるので、就職に有利。【洋裁技術検定の資格を取得する過程】・受験資格は、特になし。【洋裁技術検定の試験日程】・1...

【編物技能検定(機械編み/手編み)の資格とは】編物の楽しみを、多くの人たちに知ってもらうために、全日本編物教育協会が実施している検定である。機械編みと手編みの2種類があり、それぞれに、編物技能検定初級・中級・上級・専門級がある。【編物技能検定(機械編み/手編み)の資格を取得する過程】・受験資格は、特になし。【編物技能検定(機械編み/手編み)の試験日程】・7月。【編物技能検定(機械編み/手編み)の合...

【編物技能検定(毛糸/レース)の資格とは】40年以上の歴史を持つ、文部科学省認定の技能検定試験である。毛糸とレースの2部門があり、毛糸編物技能検定は1級〜4級、レース編物技能検定は1級〜3級がある。1級に合格すると、職人としてのスキルの高さを証明されるだけでなく、指導者としてカルチャースクールなどの講師として活躍したり、自宅編物教室を開くなど副収入を得る道も開ける。【編物技能検定(毛糸/レース)の...

【パターンメーキング技術検定試験の資格とは】デザイン画をもとに、洋服を作るための型紙を起こす技術がパターンメーキング。デザイナーのイメージを具体化する重要な仕事だけに、高度な技術と専門知識が求められる。(財)日本ファッション教育振興協会が主催するこの試験には、パターンメーキング技術検定試験1級〜3級の3段階があり、アパレル業界でも信頼が厚い。特に、パターンメーキング技術検定試験2級以上を取得すれば...

【CIDESCOインターナショナルディプロマの資格とは】世界31カ国で行なわれている、エステシャンのプロを認定する国際ライセンスの資格試験である。エステ業界では世界的に知名度抜群であり、憧れの資格でもある。取得すれば、海外勤務の道が開かれるほか、留学、サロン開業やスクールの講師など、さまざまな夢の実現に有効となる。日本では、日本エステティック協会の認定エステティシャンに登録されると、CIDESCO...

【ネイリスト技能検定の資格とは】日本ネイリスト協会が、国際的に通用するネイリストの育成を目指して、実施している検定試験である。ネイリスト技能検定試験は、3段階に分かれており、ネイリスト技能検定1級、ネイリスト技能検定2級、ネイリスト技能検定3級となっている。1級はトップレベル、2級はサロンワークで通用するレベル、3級は基礎的な知識を証明する。【ネイリスト技能検定の資格を取得する過程】・受験資格は、...

【アロマセラピストの資格とは】アロマテラピーの仕事は、ハーブやエッセンシャルオイルを、美容や健康のために用いる民間療法のことである。(社)日本アロマ環境協会が認定する資格は、いくつか存在するアロマセラピストを認定する民間資格の中でも、比較的認知度が高い。アロマセラピストは、アロマテラピーアドバイザー資格取得者が、アロマセラピスト学科試験・ボディトリートメント実技試験カルテ審査に合格し、登録手続きを...

【ドッグ・セラピストの資格とは】犬の心のバランスを安定させ、元気で健康に暮らせるようサポートするのがドッグ・セラピストの仕事である。犬の習性や生態を熟知するとともに、病気や心のトラブルを未然に防ぐ健康法に精通するスペシャリスト。日本リフレクソリジー協会が主催するプロフェッショナル・ドッグ・セラピスト・コースを修了して、検定、認定試験に合格すれば取得できる。【ドッグ・セラピストの資格を取得する過程】...

【ネイルスペシャリストの資格とは】ネイルサロンなどの仕事の現場で求められる高水準の技術を認定する検定である。ランクは、ネイルスペシャリストA級、ネイルスペシャリストPA級、ネイルスペシャリストAA級、ネイルスペシャリストAAA級の4ランクがあり、A級のみ理美容学校の在校生対象となっているが、その他は受験資格が特になく、誰でも技能検定試験に受験することができる。【ネイルスペシャリストの資格を取得する...

【アロマコーディネーターライセンスの資格とは】日本アロマコーディネーター協会(JAA)が、アロマセラピーの全般的な知識および技術を認定するライセンスである。この資格を取得するためには、JAAが指定するスクールの所定のカリキュラムを修了し、アロマコーディネーターライセンス認定試験に受験し、JAAの正会員として登録をしなければならない。【アロマコーディネーターライセンスの資格を取得する過程】・受験資格...

【アロマテラピーインストラクターの資格とは】人々が安全で、正しく豊かなアロマテラピーを実践できるように、必要な知識や方法を専門家として指導できる能力を認定する資格である。アロマテラピーアドバイザー資格取得者が、アロマテラピーインストラクター検定試験を受け合格し、登録手続きをとることで認定される。検定試験問題は、筆記試験問題と小論文の筆記試験問題がある。【アロマテラピーインストラクターの資格を取得す...

【フラワーエッセンスセラピストの資格とは】フラワーエッセンスを使ったコンサルテーションを行なうプロフェッショナルのことである。花の持つ自然な力を使って、クライアントの心身を健康な状態に導くサポートを行なう。マウントフジフラワーエッセンス、またはバッチ博士のフラワーエッセンスの養成講座を修了し、認定実技試験に合格すれば、日本フラワーエッセンス協会認定フラワーエッセンスセラピストとして活動できる。【フ...

【愛玩動物飼養管理士の資格とは】愛玩動物飼養管理士(ペットケアアドバイザー)は、動物関係の法令・適切な飼い方などの知識と動物愛護精神の普及・啓発を行なう人材で、(社)日本愛護動物協会が認定するもの。資格試験レベルは、愛玩動物飼養管理士1級、愛玩動物飼養管理士2級に分かれている。試験問題は、動物関係法令、保健衛生法令、公害論、指導方法論、犬猫のしつけ、動物愛護論等の問題。【愛玩動物飼養管理士の資格を...

【コンパニオン・ドッグ・トレーナーの資格とは】家庭犬をしつける訓練士の技能を認定する資格である。犬を扱う現場の仕事では認知度が高く、就職・転職に役立つ。【コンパニオン・ドッグ・トレーナーの資格を取得する過程】・受験資格は、高卒以上の者で、ヤマザキ動物看護短期大学の動物看護学科またはヤマザキ動物専門学校の3年間の動物管理学科を修了することが必要。ここで動物を扱うのに必要な学科・知識を学び、専門知識と...

【アニマル・ヘルス・テクニシャンの資格とは】動物の看護、臨床検査から、美容、しつけまで、幅広い知識と技術を身に付けた、動物のプロフェッショナルが、アニマル・ヘルス・テクニシャンである。急成長を遂げたペット業界で必要とされる資格であり、人気も高い。取得は決して容易ではないが、やりがいのある仕事に就ける資格だと言える。【アニマル・ヘルス・テクニシャンの資格を取得する過程】・受験資格は、高卒以上の者で、...

【ペット・グルーミング・スペシャリストの資格とは】ペットの健康状態のチェックと、美容管理を同時に行なうことができるプロフェッショナルとして、ペット美容業界での知名度が高い資格である。ペットの美容に関する専門知識・技術だけでなく、看護やしつけの分野も深く学ぶことができるので、将来、独立開業を考える人にもおススメである。取得するためには、ヤマザキ動物看護短期大学またはヤマザキ動物専門学校を修了し、資格...

【ペットシッター士の資格とは】飼い主に代わってペットの世話をするのが、ペットシッター士の仕事である。日本ペットシッター協会が主催するペットシッター士養成講座を修了し、試験に合格すれば取得できる。講習には通学と通信の2つが設けられている。【ペットシッター士の資格を取得する過程】・受験資格は、18歳以上で所定の講座修了者。【ペットシッター士の試験日程】・随時。【ペットシッター士の合格率・難易度】・98...

【認定ペットシッターの資格とは】旅行や出張などで飼い主がペットの世話をできないときなどに、散歩や食事の世話をするのがペットシッター。全国ペットシッター協会主催の筆記試験に合格すれば、認定ペットシッターの資格が取得できる。試験内容は、動物愛護、動物基礎知識、動物医療、適正飼育、ペットシッター実務など。受験条件ではないが、この検定試験に沿った認定ペットシッター養成講座も実施されている。【認定ペットシッ...