Webデザイナーとプログラマーとwebクリエイターの違いって何?

webデザイナーとプログラマーの違いは?

webデザイナーの仕事内容

webデザイナーは、ウェブデザインをする仕事をします。主な仕事内容はホームページの作成がメインでひと目を引くウェブサイトや使いやすいウェブサイトを構築する仕事がメインです。

 

必要なスキルは?

必要なスキルは、HTMLやCSSの他にJavaScriptといったものも必須といえます。

 

年収は?

平均的な年収は、300万円くらいから、多くて400万円前後と考えておきましょう。

 

将来性は?

就職先は、WEB制作会社を始め、ソフトウエアメーカー、広告代理店等幅広い。
ネット社会となっている昨今、将来性もある仕事なのでおすすめです。

 

 

プログラマーの仕事内容

IT業界では、Webデザイナーの他にプログラマーと呼ばれる方がいます。こちらはソフトウェアの基本構造を作る方で、自宅に例えると骨組みを組むのが仕事です。主な仕事内容はプログラム言語を使用してソフトの基礎を作ります。

 

必要なスキルは?

必要なスキルはPHPやJavaScript、C言語、JAVAなどの言語です。

 

年収は?

平均年収は400万円前後で能力により変化します。

 

将来性は?

将来性はかなりある仕事で、IT業界では常に引っ張りだこです。

 

基本的にWebデザイナーはデザインをする仕事をする人で、プログラマーはソフトウェアの基礎やホームページの骨組みになる部分を作る人と覚えておきましょう。

webデザイナーとwebクリエイターの違いは?

webクリエイターの仕事内容

webクリエイターとは、webサイトなどのコンテンツ制作に関わる職業です。ビジュアル面だけではなく、プログラミングや文章作成を行う場合もあります。webデザイナーもwebクリエイターに含まれますが、主な仕事内容はパソコン上でイラストやフォトグラフィックなどの作成や加工を行うことです。webデザイナーはコンテンツのビジュアル面を担当しています。

 

必要なスキルは?

webクリエイターおよびwebデザイナーに必要なスキルとして、パソコンを扱えることが挙げられています。さまざまなソフトを駆使できることも重要です。

 

年収は?

また、会社の規模や個人の技量によって年収は異なりますが、300万円台から400万円台が一般的です。会社で責任のあるポストに就いたり、仕事の注文が増えたりすれば報酬額がアップしますので、年収1000万円を超えるケースもあります。

 

将来性は?

さらに、情報業界の発展により、webクリエイターおよびwebデザイナーの将来性は嘱望されています。webデザイン会社に所属するほかに、フリーランスとして活躍する方も増えています。

Webクリエイター能力認定試験とは?

【Webクリエイター能力認定試験の資格とは】
Webページを制作するために必要な、HTML言語の知識と、デザイン能力を認定する試験である。特定のソフトウエアを使用せずにタグを使ってWebページを作成する規定問題と、ソフトウエアの使用を許可し、仕様に合せたWebデザインを行う自由問題とがある。

 

レベルは、Webクリエイター能力認定試験上級とWebクリエイター能力認定試験初級がある。

 

【Webクリエイター能力認定試験の資格を取得する過程】
・受験資格は特になし。

 

【Webクリエイター能力認定試験の試験日程】
・試験会場によって異なる。

 

【Webクリエイター能力認定試験の合格率・難易度】
・−−

 

【Webクリエイター能力認定試験の収入・年収】
・趣味・生活に利用する。

 

【Webクリエイター能力認定試験の資格に向いているタイプ】
・クリエイティブな仕事がしたい人。